トゥインゴ大作戦

2011/01/06

静かになるように頑張る

タイヤを替えたら五月蝿くなってしまったトゥインゴ。
またタイヤを替えるワケにもいかないので、静かになるように頑張ることにしました。

純正状態で、フロントのタイヤハウス付近の防音具合はちゃんとしていましたので、後ろをバラしてみました。

Deadning01

うーん貨物車、って感じです。

Deadning02

とりあえず制振材(レジェトレックスってやつ)をペタペタ貼ってみます。

ドライバーの柄でコンコン叩いて響くところに貼ると、音の響きが少なくなります。
とくにこの辺りが効果大でした。

Deadning03

でもって、ニードルフェルト...じゃないけど、ホームセンターで売ってる、黄色いウレタンマットみたいなヤツで全体を覆ったのですが...作業に夢中になりすぎて、その後の写真は無いのでした。

走らせてみたらば、スゴイ、ちゃんと静かになりました。
しかし今度はエンジン音が気になります。
これは無限ループ地獄の予感。

2010/12/26

13→14

Wheel_normal

なんかイマイチなんですよ、タイヤが。
2年半前に買ったDUNLOPのEC201です。
山はもう少しあるけど、ヒビ割れが多いんです。
で、ユーザーに聞いてみたら、「滑る感じがする」そうで。

買った時はちょっとブワブワするものの、静かさに感動(ってほどでも無いか)、といった印象でした。
もう寿命?
チト早く無い?

例によって155/70R13みたいなサイズは安くて良いのですが、それでも2.5万円、ミシュランだと3.3万円だそうで。
う〜ん、と考えていたら...

Wheel_aluminum

アルミホイールに変わっちゃいました。
出入りしている車屋にあった中古(タイヤを含む)です。
オーナー様は前々からアルミホイールが欲しいと言っていたのもありまして、こんな展開です。
ちょっとギラギラしてますが、以外と変じゃないかも。

タイヤは同じDUNLOPのLM702ってヤツ。
サイズは165/55R14ってことで、大幅に薄くなってしまいました。
よって乗り心地は固くなりました。
が、それほど悪くは無いです。
コンフォート系のタイヤらしいのですが、意外と五月蝿いです。
グリップ感は確かに良くなりました。

ホイールには傷もあったりしますが、暖かくなったらもう少しマットな色に塗りましょうか。
ボクはテッチンが大好きなんですけどね。

2009/11/22

エアコンフィルター

Zaffo01

トゥインゴの室内への空気導入部にはフィルターがついてないんですよ。
でもアフターパーツでは存在するんです。
以前から付けたいと思っていたのを、ようやく取り付けしました。

有名なのだとJRとかボッシュのヤツになるのですが、成り行きでZAFFOってヤツを入手しました。
イタリア製みたいですね。

Zaffo02

取り付け説明書がいきなり嘘つきなのが不安を誘いますが(笑)、無視して作業を進めるのです。

Air_inlet01

ボンネットを開けて助手席側の空調用空気導入部分を眺めると。

Air_inlet02

上向きに2つ四角い口が開いてます。

Zaffo03

エアフィルターの裏側には、4カ所爪がありますので、これを車体側の空気取り入れ口に引っ掛けるだけ。

Air_inlet03

果たして効果を体験できるのかは不明ですが、1年位したら汚れが酷いんでしょうねぇ。
健康第一です。

2009/07/12

バッテリー交換

Batt_acdelco

トゥインゴ購入から3年半。
購入時に取り付けた新品バッテリーを交換しようか迷ってました。
まだ大丈夫だけど、突然死は怖いし。
で、買っちゃいました。

早速交換しようと思ったのですけど...

Batt_terminal01

プラス側のターミナルが見慣れない形状。

Batt_terminal02

クルクル回すと外れます。
外した後のポストにはネジ切ったリングがハマってます。
コイツ、外すの大変っぽいです。
コジって少しずつ外すのですが...ポキポキ部品が割れるんですけど...こんな仕組みイヤだ。

Batt_terminal03

調べてみると最近のルノーさんではそういうタイプは使われていないようなので、部品を取ってみました。

Batt_terminal04

情報通り、普通です。
汎用のターミナルを使用しようとすると配線側の取り付け部分を加工する必要がありますので、純正を利用するのが吉かと思います。
ちなみに3000円くらいでした。

しかし、プラス側よりもマイナス側の方が外す頻度が高いように思うのですが、何故プラス側だけ簡単に外れるようになっていたのでしょうか?

2009/04/29

RCP

Rcp

Radio Control Plane... ではありません。
右端の車が判りにくいですが、その他2台を見て汲み取って下さい。
スミマセン、ベタな事して。

トゥインゴが点検で代車が306です。
個人的にはマトラとか足りんのですが、とりあえず仏車会社御三家ということです。

そのトゥインゴ。
相変わらず壊れることもなく優秀なのですが、エンジンからの振動が大きくなってきた気が。
2007年の1月頃にエンジンマウントを交換したのですが...ちと耐久性無くないかい?

2008/12/30

年末洗車

Twingo_wash

いやはや。
年末ってのは何でいつもこんなに忙しいのでしょうか。
そしてもう30日、急いで車を洗うのです。
今年の汚れを落として来年も頑張ってもらいましょう。

トゥインゴはウチで一番マトモな車です。
全く問題なく1年間走ってもらいました。
ボチボチ屋根の塗装がひび割れてきているのがチト気になりますが、まだまだ奇麗だと思います。

Cinq_wash

サンクもボクを毎日職場まで運んでくれました。
途中、オルタ国産化やプラグコード交換をしましたが、これは問題が発生した訳ではありません。
元気に頑張ってくれたと言ってあげましょう。

ただ、現在ちょっと問題を抱えています。
足回りのブッシュが切れて、ガタが出ています。
その部品は本国でも欠品だそうで、来年はちょっと出費が控えております。

塗装は屋根とボンネットがグダグダ、塗り直してあげたいけど、もうちょっと先だなぁ。

追伸:
一部画像に変なものが写っておりますが、もう少しお待ちくださいm(__)m
というか、いきなりネタ投下か!?

2008/12/01

憩いのひとときを壊すもの

Twingo_key01

慌ただしい朝において、トイレの中は別空間。
時間の流れも遅く感じるものです。

今朝もくつろぎのひと時を多少のリキミとともに過ごしていたのですが(汚くてゴメンナサイ)。
「コンコンコン」ノックする音。
はて、家族は既に一足先に出勤したハズ。
続いて「トゥインゴ開かない〜」。

むぅ。
「あ〜、すぐ行くからちょっと待って」
一旦出かけたものを納め(重ね重ね汚くてスミマセン)、外に出ると...。
車の中の家族と目が合う。
「あ”」
どうやら何回かトライして開いたらしい。
そして黙って発進しようとしていたのでした。

...トゥインゴはリモコンキーでドアを開けないとエンジンが掛からない仕組みとなっています。
なのでリモコンキーの電池切れは致命傷です。
今回の件も、おそらく電池の寿命が近いのではないかと。
帰宅後キーのスイッチを押してみると、案の定、インジケーターは頼りない光を発します。

ということでバラしてみました。

Twingo_key02_2

CR2016って3Vの電池が2枚重ねで入っています。
電圧を測ると2.9Vと2.8V。
ん〜、これなら大丈夫なハズ。

Twingo_key03

原因は接点に沿って発生した錆ではないかと。
で、電池を上下入れ替えて復活。
これで明日の朝は穏やかなひと時を送れるでしょう。

ところで、トゥインゴのキーを見ていると、サンダーバード2号を思い出すのですが、ボクだけでしょうか?

2008/08/02

壊れる、捨てる。

Bearwash

洗濯機の調子が悪くなったので買い換えました。
洗濯機もピンキリ、ドラム式は10万円以上するけど、昔ながらの2槽式なら1万円台だし。
今回は珍しく洗濯機のメインユーザーから銘柄指定があったので、そいつを買いました。
でも結構高かったので、1年落ちの在庫品をヤフオクでゲット。

ヤフオク利用で安く買ったのですけど、結構大変。
運送屋は玄関までしか運んでくれないので、設置場所の2階まで運んで、古いのを1階に下ろして...40kgオーバーはかなり重いです。

さて、次に古い洗濯機を処分しないといけない。
試しにリサイクルショップに持っていってみたけど、95年製だと古すぎて引き取れないそうで。
てことは自分で捨てないといけない。
何処か人目に付かない所は...てなことは考えずに、自分でリサイクル法に則って捨てに行くことにしました。

ボクの住む町では、持ち込み場所は2カ所あります。
破棄する製品の家電メーカーによって、どちらか指定されています。
予め郵便局でリサイクル券をゲット、リサイクル料金(¥2520)を払っておきました。

そして、いざ、運ぶのです。

Carry01

サイズは大体60X60X90cm。
トゥインゴのリアシートを倒すと長さ90cmちょっとのものまで搭載できます。
あとはドナドナを唄いながら指定場所を目指すのです。
...が、肝心の破棄場での写真を撮り忘れたので、この話は中途半端に終わります(汗)。

その帰り道、寄り道して買い物していたら、変な音がするのです。
歩いていると...「ペッタン、ペッタン」。
更に歩くと...「ペッタン、ペッタン、ペッタン、ペッタン」。

Nb_break01

愛用の作業靴であるNBのスニーカーが「ベロ〜ン」ってなってます。
しかもしかも、

Nb_break02

左右両方。

スニーカーなのにツッカケの音。
そんな人を見かけたら、それはボクです(照)。

2008/07/21

ツルッ、とさせる

Twingo_smooth01

何となく、トゥインゴのサイドモールを剥がしてみました。
随分すっきりしました。

そのトゥインゴ、最近はトラブルも無く過ごしております。
先日エアコン添加剤を注入したのでパワーロスも減って良い具合です。

でも4月の車検でアライメント調整したらステアリングのセンターがずれまして。
車屋の話だと、ステアリング側で調整してみれば?
てな話だったので、ステアリング外しをやってみました。

トゥインゴってばハイテク車(^^;なので、何と!!エアバックが付いてるんです。
ボクはビビリなので恐る恐るイジることになります。
といってもバッテリ外して、ステアリングパッドの裏2カ所、T27のトルクスでネジを外すだけですけど。

以下、無駄に写真を載せてみます。

↓ステアリングパッド(表)
Airbag01

↓ステアリングパッド(裏)
Airbag02

↓ステアリングパッドの無くなったステアリング
Handle01

で、ここで悲しい事実が。
ステアリングの固定もトルクスです。
しかもT50。
そんなデカイの持ってないよ、普通。

で、車屋に電話して工具を借りることに。
更に悲しい事実。
ステアリングポストにステアリングを挿す向きって完全に決まっていて調整出来ないっぽい。
てことで、ホイールアライメント側をずらすことになったのでした。

結果的に調整出来たのですけど、何か無駄な努力をしてしまったのでした。

2008/04/28

タイヤを交換

久々にトゥインゴの話です。

日曜日にタイヤを交換しました。
ミシュランのXME(だっけか?)からダンロップエコタイヤへの変更です。

サイズは155/70R13でサンクよりちょっとだけ太いですが、サンクの時と同様、選択肢は多くありません。
ブリヂストンスニーカーに興味があったのですけど、ちょっと高かったので店で薦められたエコタイヤに。
安さでアタック!!です。

装着後の感想ですが、まずかなり静かになりました。
スーッって進んで行く感じです。
前のタイヤは劣化していたのでどのタイヤに替えても静かになったでしょうけど。

次に乗り心地がマイルドになりました。
角がとれた感じです。
段差のショックが弱くなりました。

ならば良いのか、というとちょっと微妙です。
何かボヨンボヨンした乗り心地な気が。
これが「サイドウォールが柔らかい」ってことなのでしょうか?
ソフトな乗り心地を求めていたのですが、求めていたのとはちょっと違うかも。
もう少し乗って慣れれば感想は変わるかもしれません。

タイヤも試着出来るといいのになぁ。

以下、意味なくイメージ画像です。

At_nagano
3月、南信州にて。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ