« コーヒー・オベーション | トップページ | 壊れる »

2009/06/18

10歳の壁

今日最初に驚いたのは、1ヶ月以上ブログを更新していなかった事です。
ネタが無かった訳では無いのですけどね。
何でだろう?
忘れないうちに6月の足跡を残す事にします。

次に驚いた(と言うには大袈裟だけど)のは、ニュース番組でやっていた特集でした。
人間は10歳位から抽象的な考え方ができるようになるらしいです。
で、これが出来ないで落ちこぼれる子供が多い、という内容です。
学力低下の話は以前から耳にしていますので、特に目新しい訳では無いのですが。

まずは具体的な問題内容が紹介されます。
「200cmの赤いリボンがあります。このリボンは白いリボンの5倍の長さです。白いリボンの長さは幾つでしょう?」
こんな感じの問題に対して、「1000cm」と回答する子供が多い、といった内容。

解説によると、問題文にある「200cm」と「5倍」で、「1000cm」としてしまうそうで。
うーん、これは想定と違いました。
単純に算数の力が無いわけでは無いじゃないか。
抽象ともちょっと違う気が...まあいいです。

原因はコミュニケーション不足による読解力不足と速度重視の教育にあるとの話。

ここで悪者の登場です(笑)。
「百マス計算ドリル」ってのが流行っているらしいです。
これ、暗算力を上げる目的のようなのですが、真面目に回答を埋めるのではなく、効率的に回答を埋める方法があり、これを子供が発見しちゃっているそうで。
兎も角、数をこなす事が要求されるので子供達はその効率的な回答方法を身につけて行く訳です。

恐らく子供達は、常々早く解く事を求められている関係から、文章問題は(すぐに回答が得られないので)ストレスの対象なのだと思います。
そして文章を良く読まずに回答してしまうのでしょう。

単純な作業を正確/高速に行う事ができる人間は決して劣っている訳ではなく、十分に優秀だと思います。
でも、日本が売らなければいけないのは「人的コストの低い国にできないこと」です。
じゃないと収入が減って生活レベル下げるしかないです。
高付加価値で他人が真似のしにくいものほど良い。

話は戻って。
ボクが子供の頃は(今でもですが)複雑な事を考える時は絵や図に書いたものです。
そうやって考えれば間違えにくいのに、そんな余裕も無いのか、と思ったら同様の方法で教育を行って成果が出ているような話が紹介されていました。
でもコレって特別な方法だとは思えないのですが...。

もう一つの事例として、答えに関して皆で話し合うようにすることによって、考える力を付けさせようとしている現場が紹介されました。
これいいですね。
子供には何よりもまず「考える」ことを教えなければいけません。
教える項目数は減るでしょうが、レベルは落ちません。
これが真の意味での「ゆとり教育」じゃないかと。

で、最後に驚いたのは上の文章の次の2箇所に。
「人間は10歳位から抽象的な考え方ができるようになる」
「ボクが子供の頃は(今でもですが)複雑な事を考える時は絵や図に書いた」
つまり、ボクは今でも抽象的な考え方が出来ていないから、絵や図を書いてるんだ...落ちこぼれじゃん(汗)、ガーン。

いつも以上にまとまりのない文章のような気がしますが、今回はこれにて終了。

« コーヒー・オベーション | トップページ | 壊れる »

思いつき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

最近の子供がどんな教育を受けているのか判らないのですが、
どんな人を輩出していきたいのか、教育の目標とするところが見えないですね。

変に頭がいいより人間力(生活力)が強い人の方が、うまくいくように思います。

>絵や図を書いてるんだ...

私もマインドマップとか使ってますよ。
絵と言葉では脳の部位が違うからいいんじゃないですか?

savoyさん、こんばんは。

> 教育の目標
教育だけではなく、全般的に目標を見失っているように思います。
目先の事ばかりで志も低い。
もうこの人種は劣った人間ばかりなのかも知れません。
正直言って日本の将来ーといっても5〜10年後くらいの近い未来ーが非常に不安です。

> 私もマインドマップとか使ってますよ。
ボクの場合、それほど高尚な(?)ものでは無くて、単純な図のことが多いです。
プログラムの実装方法を検討するときに使います。

> プログラムの実装
◇→■→◆
入出力演算を書いたフローチャートも絵ですよねぇ。考えを絵にするのも能力だと思いますよ。

> 教育の目標
教育とか試験ってそれを考えた人の器によると思います。受験の為に特化したアタマが実社会で活用できない(のかな?)んですもんね。
小さい頃から生活に必死にならざるを得ない国の人の方が、本当に活きる知恵を持っていると思います。

ぴよりさん、

> フローチャート
そうですね。
あれって判り易く書くのが結構難しいんですよねぇ。
やたら長くなっちゃうし。
最近ではUMLってヤツを使ってます。
でも、考える時は大抵手書きです。

> 生活に必死
確かに。
でも豊かな欧米人と比べても劣っているような。
目的意識とか、そういうのを感じないんですよねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/45380970

この記事へのトラックバック一覧です: 10歳の壁:

« コーヒー・オベーション | トップページ | 壊れる »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ