« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/29

RCP

Rcp

Radio Control Plane... ではありません。
右端の車が判りにくいですが、その他2台を見て汲み取って下さい。
スミマセン、ベタな事して。

トゥインゴが点検で代車が306です。
個人的にはマトラとか足りんのですが、とりあえず仏車会社御三家ということです。

そのトゥインゴ。
相変わらず壊れることもなく優秀なのですが、エンジンからの振動が大きくなってきた気が。
2007年の1月頃にエンジンマウントを交換したのですが...ちと耐久性無くないかい?

2009/04/26

長距離走行テスト結果

At_tzm01

...というわけで、嵐のような雨の降る土曜日、埼玉方面に行ってきました。

矢のような直進性だとか、そういう話をボクに求めている人が居ないのは判っているので、そんな話はしません。

雨の中、途方に暮れる人達...そういうのが求められている筈です。
期待されたら応えない訳にはいきません。

Trouble_at_saitama01

途方に暮れてはいませんが、原因を探しているところです、ハイ。

Clutch_arm

赤丸の部分、クラッチ・レリーズ・アームという名称だと思います。
場所はエアクリーナーの下。
クラッチケーブルのエンンジンルーム側の端にあたります。
ボルトの下側、ポッキリ逝っているのが見えます。

信号待ちのときにクラッチ踏んだらズボッとペダルが抜けてしまい、クラッチが切れなくなってしまったのでした。
道中、たまにクラッチの切れが悪くなり、1速に入れるときにギア鳴きすることがありました。
これが前兆だったようです。

ATは不安だからMTにしたというアナタ、安心してはいけません。

このときは運良くA地点で知人と合流して他所へ向かう途中で、しかも運良くこの部品を持っているということで、一安心。

いや、むしろ生かさず殺さずか?

Cinq_pull_bx

雨の中、皆さんに押してもらい道路上から移動し、牽引準備をします。
同じベージュメタでガンティーニ兄弟のサンクバカラに牽引してもらいます。

Tzm_factory

目的地は某有名整備工場さんでして、急遽クラッチ・レリーズ・アームの交換をして頂きました。

それから、前から気になっていたハイドロ周りの挙動をチェックしてもらいました。
何が気になっていたかというと、ハイドロ車の「シューカチ」音がしないのです。
正確には、アイドリング中に「シュー」の状態になってエンジンの回転が落ちます。
でも「カチ」と言わないのです。
で、エンジンの回転数を上げると「カチ」って言うのです。
しかも、車を押し下げても車高が上がろうとしないのです。

Press_reg

赤丸の部分、プレッシャー・レギュレータに問題があったようで、これを交換して復活しました。
メイン・アキュームレータの圧もチェックしてもらい、問題ないことを確認してあります。

その後整備屋さんの事務所で古い車のカタログやら雑誌やらを読みあさっていると日も暮れます。
晩ご飯を王将で食べたり120円のコーヒーをおかわりしたりしてウダウダして、東名に乗ったのは0:30頃。
眠くなるかと思いましたが、それもなくスムーズに帰って来れました。
実はスムーズじゃなかった事に後で気付くのですが、それはここでは触れない事にしましょう。

今回は savoyさん、ぴよりさん、はつさん、Sさんにお会いできました。
突然の計画にも関わらず時間を作って頂けた事、感謝しております。
しかもイレギュラーな事態となり十分にお話しできなかった上に、雨の中作業して頂きまして有り難うございました。
年寄り故、4時過ぎ就寝なのに9時には目が覚めてしまいました。
でも、さすがに夕方を過ぎたら眠いです。

2009/04/19

旅の準備

来週のお出かけ準備をします。
何が不安ってBXが無事たどり着き、そしてボクを無事家まで送り帰してくれるかです(汗)。

幾つか気になる点はあるのですが、とりあえずエンジンオイルを替えてみます。

Enngine_oils

オイル抜きながら気がつきました。
手元にあるオイル達、どれも使いかけで量が微妙。
10W-30、10W-40、20W40。
一応全部鉱物油って書いてあります。
バイク用とかも混ざってるけど、大丈夫だと勝手に決めてチャンポンしました。

次はハイドロならではのLHMの交換です。

Lhm_change01

プレッシャーレギュレータのネジを回して圧を抜いてから、手動ポンプで汲みだしました。

Lhm_change02

うーん、LHMってこんな色だっけかなぁ...。

Lhm_tunk01

LHM交換はあまり頻繁にやる事では無いようなので、記念にタンクも外してみました。
クリップで留まっているだけなので簡単に外せます。

Lhm_tunk02

中に何か入ってますね。
掃除してからLHM投入。

Lhm_change03

おぉ。
そうです、LHMってこんな色ですよねぇ。

Muffler_repair

そしてマフラーの穴補修。
網を当ててパテ盛り。
しかしマフラーパテって脆い気がします。
すぐ穴空くかも。

これ以外にも色々やったけど、写真を撮ってないので今回は触れません。

気になる点がまだ残っているのですけど、どうにも時間が足りません。
何とか大丈夫だと思います。

2009/04/15

関東進出計画

Map_ms

2月くらいから予定していたのに延び延びになっていた件。

あまりにも不案内なので、ぴよりさんに同乗してもらおうと思っていますが、計画をダラダラと立てているうちにスナフキンのように旅に出てしまったようで...うーん、毎度行き当たりばったりですが、なんとかなるかなぁ?

ということで、今のところ4/25に関東方面へ遊びに行く予定です。
例によって具体的な行動計画は全く立っていないのですが、上の地図が指している所や有名なあのお店などに行きたいと思っております。

2009/04/13

咲きました。

Juneberry_bloom01

先週、遂にジューンベリーが咲きました。

Juneberry_bloom02

しかし、携帯のカメラだとなかなか上手く撮れません。
腕の問題もあるでしょうが、そろそろ限界かもしれません。
普段カメラを持ち歩きたく無いので、もうちょっとマシなカメラが付いた携帯を使いたい所です。
それでも所詮は携帯のカメラですから、越えられない壁があるのかもしれませんが。

Juneberry_bloom03

早くに咲いた部分は既に花びらが落ちています。
順調にいけばこれが実になる訳で、赤く色づくのが待ち遠しいのです。

まさに花より団子です。

2009/04/08

WEBER

Weber01

由比に行った帰り、調子が悪くなったBX。
アクセルを開けるとストールします。
すごーいゆっくりアクセルを踏むと大丈夫だけど、どう考えても実用にならんので、車屋に相談しました。

で、キャブが悪いっぽい、との話に。
オーバーホールしても改善されないので、新品を買う事になったのでした。
またまた出費にトホホです。

Weber02

キャブの箱もそうですが、新品状態ってのもあまり見る機会が無いので貴重な体験ではありました。
でも、見ないで済むほうが幸せなのは言うまでもありません(^^;

Weber00

エンジンルームで不似合いに輝いております。
以前付いていたものとは同モデルながら微妙にバージョンが違っており、チョーク周りに改良(?)の形跡が見受けられます。

さて、キャブを交換してどうなったかと言えば、直りました。

でも、調整がまだ出来ていません。
暖まった時は良いのに、冷えているときにカブリます。
暖まっている時も若干重い気もします。
チョークもうまく利きません。

最初と2つ目の問題はスロットルバルブを開きめに設定したら良くなりました。
てことは燃調が濃いってこと?

チョークは多分チョークバルブの調整で良くなると思うのですが、どうやって調整すれば良いのかワカラン(苦笑)。
幸いにして、暖かくなった今日この頃では何の問題も無く始動できるので、とりあえず良しかな?

はい、キャブの調整って苦手です。

2009/04/05

ジューンベリーのつぼみ

Juneberry_bud

去年植えたジューンベリーが咲く季節が近づき、いつ咲くのかと待ちこがれているような状態ですが、ようやくと花びらが見えてきました。

ご無沙汰しております。
サンクが戻ってきてBXが修理に出たとこでパッタリと更新が止まってしまいましたが、あまり深い事情はありません。
その車達の話はまた追って。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ