« 再会 | トップページ | 野望or無謀 »

2008/12/01

憩いのひとときを壊すもの

Twingo_key01

慌ただしい朝において、トイレの中は別空間。
時間の流れも遅く感じるものです。

今朝もくつろぎのひと時を多少のリキミとともに過ごしていたのですが(汚くてゴメンナサイ)。
「コンコンコン」ノックする音。
はて、家族は既に一足先に出勤したハズ。
続いて「トゥインゴ開かない〜」。

むぅ。
「あ〜、すぐ行くからちょっと待って」
一旦出かけたものを納め(重ね重ね汚くてスミマセン)、外に出ると...。
車の中の家族と目が合う。
「あ”」
どうやら何回かトライして開いたらしい。
そして黙って発進しようとしていたのでした。

...トゥインゴはリモコンキーでドアを開けないとエンジンが掛からない仕組みとなっています。
なのでリモコンキーの電池切れは致命傷です。
今回の件も、おそらく電池の寿命が近いのではないかと。
帰宅後キーのスイッチを押してみると、案の定、インジケーターは頼りない光を発します。

ということでバラしてみました。

Twingo_key02_2

CR2016って3Vの電池が2枚重ねで入っています。
電圧を測ると2.9Vと2.8V。
ん〜、これなら大丈夫なハズ。

Twingo_key03

原因は接点に沿って発生した錆ではないかと。
で、電池を上下入れ替えて復活。
これで明日の朝は穏やかなひと時を送れるでしょう。

ところで、トゥインゴのキーを見ていると、サンダーバード2号を思い出すのですが、ボクだけでしょうか?

« 再会 | トップページ | 野望or無謀 »

トゥインゴ大作戦」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私のXanもときどきリモコンで開かなくなります。

>リモコンキーでドアを開けないとエンジンが掛からない

F車でこういう仕組みは採用しないでほしいですね。(笑)
Xanは幸いキーで開けてもエンジンはかかります。エンジンをかけるとどこかリセットされるのか、リモコンは復活します。

気にしないことにしています。
実害はありませんし。

savoyさん、

> Xan
赤外線です?
電波式の方がトラブル少ない気がします。

> F車でこういう仕組みは採用しないでほしい
まったくです。
身の程知らずにもほどがあります(笑)。

> キーで開けてもエンジンはかかります。
ってことなら
> 気にしないことにしています。
で問題ないですね、いいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/43292878

この記事へのトラックバック一覧です: 憩いのひとときを壊すもの:

« 再会 | トップページ | 野望or無謀 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ