« 鉄道網を調べる | トップページ | 第3回サンクミーティング »

2007/01/23

映画に見る車

Newcinema

savoyさんのブログの記事にコメントを書いていて思い出しました。
ボクの好きな映画に「ニューシネマパラダイス」という映画があります。
かなり有名ですしテレビでも何度も放送されていますので御覧になられた方も多いでしょう。
ボクはこの映画の中での車の使われ方を見て、なるほど、と思ったのでした。

前半部分は戦後間もない頃の話ですので、車はクラッシックカーです。
この辺りはよく分かりません。
主人公のトトが帰ってくる頃からがポイントです。
舞台はイタリアの田舎街ですので、そこに表れる車はフィアットやルノー等の小型車ばかり。
しかし都会で成功したトトが乗る車はベンツです。
そして元恋人のエレナ(夫は地方の政治家だったと思います)の乗る車は確かランチャ・テーマです。

一般庶民がフィアットやルノー等の小型車だというのは兎も角、成功者がベンツで地方の有力者はランチャ。
これってまさにそのメーカーに対するイメージだと思いました。
最近読んだ記事に書かれていた、フランスではお金がある人はベンツを買う、フランス車の高級車は地方の金持ちが買う(でも最近は売れていない)、という内容と見事に合致します。
日本でもベンツは成功者のイメージですよね(もしくは日陰者の場合もありますが)。

ところでフランス車って結構映画に登場します。
一例を挙げると、「ノッッティングヒルの恋人」で主人公はXMブレークに乗っています。
話の佳境で皆で乗り込む車はプジョー405ブレークだったはずです。
こういう選択をされるとその映画に対する評価を上げてしまうボクってダメですねぇ。

« 鉄道網を調べる | トップページ | 第3回サンクミーティング »

映画とか」カテゴリの記事

車のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

ニューシネマパラダイスをこういう視点で見ている人って、日本に何人いるのでしょうか。
仲間がいて安心しました。たまらなく好きです、この映画。

ランチアとメルセデスベンツの使い方が秀逸だと思うのです。あそこでトトはマセラティとかフェラーリとか乗っちゃダメなんですよ。
でも私は成功したらランチアテージスがいいなあ(笑

otosanさん、こんばんは。

同じ所を見ていましたか(^^;

> こういう視点で見ている人
どうでしょうねぇ?
普通の人はそういう所を見ないでしょうね。
でも車好きでこの映画を見た事がある人なら気付いているんじゃないかなぁ。

ボクの場合クルマに限らず細かい所を見てしまうクセみたいなものがあります。
そこで妙にリアリティを感じたり、細かい所まで気を使ってるなぁ、なんて感心したりします。

最近の日本のテレビなんかはドラマもソレ以外も子供向けなのか稚拙なものが多くて閉口します。
もちろん面白いものもありますけどね。

確か完全版でトトがシチリア島で乗っていたのがアルファ164でしたね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/13623905

この記事へのトラックバック一覧です: 映画に見る車:

« 鉄道網を調べる | トップページ | 第3回サンクミーティング »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ