« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/23

映画に見る車

Newcinema

savoyさんのブログの記事にコメントを書いていて思い出しました。
ボクの好きな映画に「ニューシネマパラダイス」という映画があります。
かなり有名ですしテレビでも何度も放送されていますので御覧になられた方も多いでしょう。
ボクはこの映画の中での車の使われ方を見て、なるほど、と思ったのでした。

前半部分は戦後間もない頃の話ですので、車はクラッシックカーです。
この辺りはよく分かりません。
主人公のトトが帰ってくる頃からがポイントです。
舞台はイタリアの田舎街ですので、そこに表れる車はフィアットやルノー等の小型車ばかり。
しかし都会で成功したトトが乗る車はベンツです。
そして元恋人のエレナ(夫は地方の政治家だったと思います)の乗る車は確かランチャ・テーマです。

一般庶民がフィアットやルノー等の小型車だというのは兎も角、成功者がベンツで地方の有力者はランチャ。
これってまさにそのメーカーに対するイメージだと思いました。
最近読んだ記事に書かれていた、フランスではお金がある人はベンツを買う、フランス車の高級車は地方の金持ちが買う(でも最近は売れていない)、という内容と見事に合致します。
日本でもベンツは成功者のイメージですよね(もしくは日陰者の場合もありますが)。

ところでフランス車って結構映画に登場します。
一例を挙げると、「ノッッティングヒルの恋人」で主人公はXMブレークに乗っています。
話の佳境で皆で乗り込む車はプジョー405ブレークだったはずです。
こういう選択をされるとその映画に対する評価を上げてしまうボクってダメですねぇ。

2007/01/21

鉄道網を調べる

Railway_tokyo

先の記事では駐車場情報のコメントありがとうございました。
そのコメントにも書きましたが、今回は都内や横浜駅なんかの大きい駅には近付かないことにします。
土地勘もほとんどありませんので、素直に横浜町田I.C付近に車を停める事を考えます。

そこで気付いたのですが、東京の鉄道網ってよく理解出来ていないです、私。
旅行.Info東京近郊鉄道路線図東急電鉄各駅情報のページを見て確認する事にしました。
ちなみにJR東日本路線図は私鉄が載っていないので利用しません。

しかし色々な行き方がありますね。

まず都内に入るには次のいずれかになりそうです。
・JR東海道本線
・JR東海道新幹線
・小田急小田原線
・東急東横線
・東急田園都市線

これらを利用すると東京・渋谷・新宿のいずれかに着きます。
上野へはJR山手線or東京メトロ銀座線or日比谷線で向かう事になります。
ということで上野までの行程を考えてみました。

<王道パターン>
・長津田(横浜線)〜新横浜(JR東海道新幹線)〜東京(JR山手線)〜上野
・長津田(横浜線)〜東神奈川(JR東海道本線)〜東京(JR山手線)〜上野
王道なのですが面白くありません(って価値観変?)。

<乗り換えが少ないパターン>
・長津田(東急田園都市線)〜渋谷(東京メトロ銀座線)〜上野
移動手段だという事を考えると、乗り換えが少ないこのパターンが良いのかもしれません。
渋谷からJR山手線を使わないのは単なる気分です。

<私鉄好きパターン>
・町田(小田急小田原線)〜下北沢(京王井の頭線)〜渋谷(東京メトロ銀座線)〜上野
経路を考えていたら楽しくなってきました。
小田急なら新宿まで行って中央線〜山手線の方が安いし早いのですが、あえてこの選択。
京王と東京の地下鉄は乗った事無いので。

そんな訳で行きは町田若しくはJR横浜線沿線まで車で行き、東急か小田急で都内に入ります。
上野で美術鑑賞の後は横浜中華街に行きたいので、JR京浜東北線。
横浜中華街からの帰りは東急東横線+みなとみらい線&JR横浜線でしょう。

「こんな変な経路がある」という情報がありましたら是非ご紹介下さい。

2007/01/19

求む!!駐車場

Orsay

1月27日から東京上野にある東京都美術館オルセー美術館展ってのが開催されるんです。

ひょんな事からこの展覧会の招待券をペアでゲットしました。
ゴッホ好きのボク、当然ながらセザンヌやらも含めてポスト印象派な方々も好きだったりしますので大変有り難いことです。
是非とも行きたいのです。

でもですねぇ。
上野って遠いんですよねぇ。
どうやって行くか考える訳です。

普通に考えれば新幹線で行く訳ですが、2人分ですし結構なお値段になります。
東海道線は...無理、そんな長い時間乗っている自信無し。
我が家の車はサンク&トゥインゴのロングツアラーです。
やっぱ車で行くべきなんでしょうね。

でも、土地勘&ナビ無しの身で上野まで行くのはどうかと。
しかも行くなら土日のいずれかですから激しく込み合うでしょうし。
ということで横浜辺りまで車で行って、¥1500/DAYくらいの駐車場に入れて電車で行く、というプランを考えています。
帰りには中華街なんぞにも足を伸ばそうかという魂胆です。

そんな訳で軽く駐車場を検索してみたのですが調べ方が悪いのでしょうか、もうひとつヒットしません。

どなたか、ナイスな情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

2007/01/17

2007年モデル

Mediaskin

各携帯電話キャリアから2007年モデルの端末が発表され始めました。
今使っている端末は2年半の使用で、バッテリの持ちが悪くなっています。
その為に発表があるたびに注目して見ています。

今回の目玉としてはボクが期待していた端末、MEDIA SKIN を挙げます。
現時点で分っている情報から良し悪しを考えてみる事にします。

<形状=フリップタイプ>
ストレート型を望んでいたボクとしては概ね歓迎です。
ただし、フリップを閉じた状態で発信&終話できないようで、そこはマイナスです。

<サイズ=50 (W) 〜110 (H) 〜13.1 (D) mm>
薄いですね。
問題ないのですが、ボタンが小さくて押しにくそうなのが気になります。

<画面=2.4インチQVGA有機ELディスプレイ>
サイズ的に問題無し。

<データフォルダ=65MB(BREW専用領域無し)>
他の機種と比べると少ないかもしれませんがボクには十分。
特に今使っている機種はBREW用が3MBしかなく辛い思いをしていたのでこの制限が無いのが有り難いです。

<カメラ=有効画素数約131万画素カメラ>
こちらも今となっては低スペックですが、多分不満は無いでしょう。
ただしレスポンスとか暗い所の画質とかのソフト的な部分は要確認。

<その他機能>
色々と出来る事があります。
使うor興味があるのは
 ・EZ・FM
 ・EZテレビ
 ・EZナビウォーク
 ・EZアプリ
 ・PCサイトビューアー
 ・赤外線通信
 ・バーコード
辺り。

逆に足りないのは
 ・電子コンパス
 ・Bluetooth
 ・SD-Audio
 ・オープンアプリプレイヤー
ですが、必須では無いので問題無し。

総合的に考えるとスペック的には取り立てて素晴らしくは無いと思いますが、逆に不満もありません。
ボタンが小さそうな所が一番のネックかも。
でも人間が慣れれば良いのです。
見た目重視で行きます(本当は気に入らないディテール部分もあるんですが)。
発売は3月以降との噂ですので暫く先ですが、店頭で触れる事が出来る日を楽しみに待つ事にしましょう。

ところで INFOBAR2 は来年との噂です。
また随分と先ですが、2005年にコンセプトモデルとして発表された MEDIA SKIN が2007年ですから、この流れで行くと昨年発表された INFOBAR2 が来年というのは自然でしょう。

2007/01/13

これは初じゃないか?

すっかり更新ペースが落ちて(堕ちて?)おりますが気にしないで行きます。

今日の新聞の折り込み広告を見ていてビックリ。
いつもは金曜日の社会欄にある4コマ漫画の下に隔週で小ちゃい広告しか出してなかったのに。
Renault_ad

僕が住む地域では初だと思います。
ルノーさんが折り込み広告入れてます!!

ところで日本自動車輸入組合の発表によりますと、昨年のルノーの販売台数は3,042台(前年比86.1%)。
昨年はクリオなんかが発売されたのですから本来ならもっと伸びるべきなのですが、ちょっとヤバイですね。
まぁクリオが売れそうも無いのは予想がついてましたけど。

シトロエンは2,388台で前年比103.9%。
ほぼ横ばいですが、今年はどうでしょう?
1台の魅力的な車を加えた訳ですし、楽しみですね。
C6は台数を売る車では無いでしょうが、アイキャッチには十分。
お金持ちの方、C6を買いましょう。
そして2年したら手放しましょう。
それならボクでも何とか買えるかもしれません。
色はガナッシュでお願いします。

意外だったのはプジョー。
末期となった206やイマイチ売れてなさそうな1007が主力で苦しいかと思ったのですが、10,354台で前年比99.3%。
307が売れたのでしょうか?
さすがプジョー、といった感じでしょうか。

2007/01/04

H4Eアダプタ

H4eadpt
更新出来ずに気がつけば2007年、間が空く程億劫にもなる訳で。
そろそろ誰も見ていないだろうという事で(笑)更新を。

ボクのサンクは丁度1年程前にヘッドライトを交換しました。
この時左右別々に入手した為に左右で微妙に仕様が異なります。
片方はリフレクタが付いていてH4のヘッドランプが収まりますが、もう一方はリフレクタが付かずランプもH4Eとなっています。

リフレクタは兎も角、ランプが異なる為に予備を入手するのも面倒です。
というか、H4Eはあまり売っていない上に割高になるのが気に入りません。

『H4E アダプタ』とかのキーワードでWebを検索して頂くと、H4E向けのヘッドライトユニットにH4のヘッドランプを取り付ける為のアダプタを製作されている方のページを見つける事が出来ます。
有り難く参考にさせて頂いて製作に取りかかります。

H4eadpt01
まずは材料となるH4Eバルブ。
新品は勿体無いので切れた物を利用します。

H4eadpt02
イエローのキャップも使い回しが出来ますので、マイナスドライバーなどでコジって外します。
このキャップ、結構薄いので割らないように気をつけましょう。

H4eadpt03
次にH4Eバルブのカサの部分を切り離します。
ボクはディスクグラインダーを使って力業で外しました。

H4eadpt04
リムの部分にグラインダーが当たって微妙に削れていますが、気にしてはいけません。
さて、外れた喜びに浸るのも良いのですが、まだまだ作業があります。

H4eadpt05
この状態でH4のバルブに被せてみると分りますが、バルブ根元の出っ張り(上の写真の赤丸部分)の径が穴よりも大きいためハマりません。

H4eadpt06
そこで電動ドリル+砥石(31mm)を利用して穴を広げます。

穴が出来たら次はH4バルブの3つの足を納める切り欠きを作ります。
H4Eバルブは位置決めの為の凸が下側にあります。
H4バルブは幅が広い足が上側に来ます。
位置合わせを行った後、ヤスリで削ります。

H4eadpt07
こんな感じ。
手作業だとちょっと疲れますので、途中からルーターを併用しました。

H4eadpt08
H4バルブ側には0.75sqの配線を巻き付けてからアダプタを被せるとガタが少なくなり具合が良いです。

以上、やる気さえ失わなければそれ程難しい作業ではありません。
H4E車のオーナーの方、製作されてみては如何でしょうか。

それでは皆様、今年も宜しくお願いいたします。
暖かく見守って頂ければ幸いです。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ