« NIZA - Todas las canciones [1998-2005] | トップページ | 帰って来たサンク〜スピードメーターは難しい〜 »

2006/03/12

靴選びの悩み

alden_v1ボクは革靴(ドレスシューズ)が好きです。
好きだと言ってもそれほど履くわけではありません。
仕事はスーツですので出勤時には履きますが、会社は上履きがあるので仕事中は履いていません。
それ以外では冠婚葬祭で履く程度です。

革靴もピンキリでして、1000円位で買う事も出来ますが、上を見ると既製品でも20万円程度するものもあります。
ボクの中では以下のような価格帯に分類して考えています。
・1万円以下の安いヤツ
・〜3万円位までのそれなりに良い、または結構良いヤツ
・〜6万円位までのかなり良いヤツ
・〜10万円位までのとても良いヤツ
・それ以上の異次元のヤツ
昔1000円のローファーを買った事がありますが、1ヶ月も経たないうちに壊れました。
ギュッとグリップさせたらつま先の部分がパックリと空き、そこにはボクの靴下が見えていました。
さすがにそこまで酷い靴も滅多に無いでしょうから使用頻度を考えると安いのでも良いとも思うのですが、高い靴には素材が良かったりデザインが美しかったりと「高い理由」が存在している訳で、ついついそのような物に惹かれてしまいます。
とは言ってもあまり高い靴は買っていません(というか買えません)。

欧米には多くの歴史あるメーカーがあります。
靴というのは椅子と同じく人間を支えるもので、古くからの西洋文化の一つだと思っています。
そのせいかどうしても海外メーカーのものに目が行ってしまいます。
高級な靴を作っているメーカーは大抵欧米のメーカーですから当然と言えば当然なのですが。
気になるメーカーは数社あるのですが、日本で売られる時には現地の倍程度の価格で売られているものもあり、そんな面を知ってしまうと尚更購入を躊躇してしまいます。
もし現地へ行く機会があれば是非2〜3足購入したいと思っています。
日本の1/2の価格だと言っても高級靴は高いので、実際に購入するのは難しいかもしれませんけど。

そんな具合に海外の革靴に憧れているのですが、実際に靴を選ぶ際には金額や素材以前に足に合うかどうかという問題があります。
上では金額が靴の良し悪しだというような感じで書きましたが、実際には高くても足に合わない靴は買う価値はありません。
サイズが合っていないと歩きにくいですし、履いているうちに甲の部分に入るシワも汚く入るように感じます。
日本人の足は一般的に「幅広・甲高」と言われており、海外の靴は足に合いにくいケースが多いようです。
ボクの足の特徴もやはり「幅広・甲高」なのですが、ポイントとなるのは幅よりも高さです。
甲が足首に向かって急激に高くなっているようで、ローファーの類を履いても見た目が美しくありません。
また内羽根式の靴もシューレース部分が開いてしまい、美しくありません。
日本人向けの幅広デザインの靴もありますが、あれだと幅が広すぎてフィット感が悪いです。
むしろ普通の幅のものの方がしっくり来ます。
しかし幅が合う靴を選ぶと大抵の場合は高さが足りなくなります。

加えて問題なのは足の大きさが左右で1サイズ近く違う点です。
長さも違うのですが太さと言いますか、厚みの違いが大きいです。
ですから大きい方の足に合わせてサイズを選ぶのですが、下手に大きい靴を買うと足の小さい方の靴の表面に出来るシワが汚くなりますし、履き心地も良くありません。

そんな訳で靴選びはいつも悩みます。
究極的にはビスポーク(オーダーメイド)すれば良いのでしょうが、大抵の場合2桁万円台になりますので無理です。
今まで見た中では2万円程度でビスポーク出来る店もありましたが、デザインがイマイチでしたし通販の形態でオーダーを入れるのは少々不安でしたので利用した事はありません。

そんな事情もあって本当にフィットする靴に出会うととても嬉しく感じるのです。

« NIZA - Todas las canciones [1998-2005] | トップページ | 帰って来たサンク〜スピードメーターは難しい〜 »

物欲の嵐」カテゴリの記事

被る、着る、履く」カテゴリの記事

コメント

asn?さん、
>・〜3万円位までのそれなりに良い、または結構良いヤツ

ウワっ、3万円でそれなりですか。
3万円台以上の靴は買った記憶がありません。
最近は1万円くらいの安物(これは見た目も安って感じです。)を愛用してます。
雨・雪何でもOKなので。

asn?さん、こんにちは。

S田も3万円位が限界です。

最近はSaxoを運転する事が多いので、ドライビング・シューズのような靴を履いてることが多いです。(仕事中もそれで・・・。)SaxoのABCペダル周辺は結構狭いのです。
それと、この10年程はスーツは年に2~3回しか着る機会がなくなったので、スニーカータイプが多くなってしまいました。

良い靴といっても10万円以上になるとS田にとってはフェラーリを買うような感じかな?(笑)


こんばんは。

お二人とも勘違いされているかもしれません。
基本的に高い靴っていうのは貴族やら金持ちの買うものです。
普通の善良な(?)一般小市民であり革靴マニアでも無い(と思っている)ボクですから、大抵は1万円台のものを買っています。

> 3万円でそれなり
1〜3万円の価格帯でも一般的に売っているものは1万円台のものがほとんどだと思います。
この価格帯には出来の良い物と悪い物が混在しているように思います。
出来が悪いと言っても良いものと比較した話で、ダメだという訳ではありません。
(1万円台と〜3万円は分けて書いた方が良かったかな?)
そして本文にも書きましたが、一番重要なのは足に合うかどうかです。
ボクの足は選り好みが激しいのが辛いところです。

> 10万円以上
そうです、まさにフェラーリですよ。
それが足に合えばいいのですけど、合わなかったとしたらクラッチに足が届かないフェラーリみたいなものです。

皮の靴、いいのにめぐり合わないとつらいですね。
私は甲はそれなりに広いのですが、中盤からかかとにかけて急激に細くなるので、たいていの日本製の足型は合いません。
cole haanのものが(といっても3足しか持っていませんが)非常に足になじみます。
最近はファッション性が強くなり、ちょっとテイストが合いませんが、それでも好きなメーカーです。
会社に行く時はスーツでないので、ニューバランスのスニーカーですが(笑。

コールハンといえばスリッポンですね。
悲しいかなスリッポンは甲高足には似合わないのです。
そんな訳で履いた事は無いのですけど、やはりボクの足には合わないでしょう(涙)。

昔はコールハンってイタリアのメーカーだとばかり思ってたのですけど、アメリカなんですよね。
何処かラテンな味を感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/9054581

この記事へのトラックバック一覧です: 靴選びの悩み:

« NIZA - Todas las canciones [1998-2005] | トップページ | 帰って来たサンク〜スピードメーターは難しい〜 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ