« ダラダラの正月 | トップページ | 表はあっても... »

2006/01/18

不意に訪れる別れ

ボクは車通勤です。
通勤路の大半は片側1車線の道を利用しています。
生活道路では無いが幹線道路でも無い、といった具合でして帰りはかなり空いています。

ある日の帰り。
ボクは信号待ちをしている車に追いつきました。
信号が青になりその車は動きだします。
ボクもそれに続いて動き出します。

前を進むこの車、制限速度40km/hの道を30km/h台中盤で走ります。
たまにこのような車に出会います。
『この辺りは見通しも良いし、大抵の人はもっと速度を出すのですけどね』
すっかり空腹のボクですが追い抜く程遅いわけでも無いしイライラしても仕方ありません。
ここは『何処までも付いていくわ』と可憐な少女のように目を輝かせて誓い、付かず離れず走るのが大人というものです。

いきなり前の車のストップランプが灯ります。
それに合わせてこちらも減速。
前の車は加速します。
それに合わせてこちらも加速。
再び車の方がブレーキを踏みます。
それに合わせてこちらも減速。
前の車はまた加速します。
それに合わせてこちらも加速...。

なるほど。
かなり見通しの場所ですが細い十字路や横断歩道の度に減速、安全を確認しているようです。
ちょっとイライラしかけていた自分を恥じるとともに、その方の他人を思う心意気に感服しました。
『先ほどの誓いは間違ってなかった、一生付いていこう』
恋は盲目といいます。
すっかり前を進むその車の虜となったボクには、前を行くその軽自動車の小さいテールランプを光らせた姿がスポーツ選手の引き締まったお尻に見えてくるから不思議です。

道は見通しの悪い箇所にさしかかります。
その先には信号があります。
『この速度だとあの信号は確実に赤に変わるな』
毎日利用している道ですからその辺りの事情は把握しています。
しかし信号の1つや2つ、先ほどの誓いの前には大した問題ではありません。
まだ距離がある状態で歩行者用信号が点滅しているのが見えます。
『やっぱりね』
迷わず減速動作に入ります。

減速動作に入った、まさにその時です。
『ブーン...』
ボクの前を進むその車は急激に速度を上げます。
『えっ????』
呆気にとられるボクを知ってか知らずか。
信号が赤へと変わると時を同じくしてボクの前を進むその車は交差点へ侵入、通過していったのでした。

不意に訪れる別れ。
これほど悲しいことはありません(涙)。

« ダラダラの正月 | トップページ | 表はあっても... »

車のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

asn?さん、

見慣れぬ外車。
ゆっくり走っているのに追跡してくる。
某国の工作員に狙われているか、
身代金目当ての誘拐と考えたに違いありません。
イヤ、私なら絶対そう思います。

savoyさん、いつもコメントありがとうございます。

> 追跡してくる
いやー、抜くかどうしようか微妙な速度だったんですよ。

> 某国の工作員
おぉ、カッコイイ!
007シリーズで2CVがカーチェイスするのがあると聞いたことがあります。
そんな感じでしょうか。
これからはジェ〜ムスと呼んで下さい(呆)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/8222470

この記事へのトラックバック一覧です: 不意に訪れる別れ:

« ダラダラの正月 | トップページ | 表はあっても... »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ