« マヨネーズの作成 | トップページ | 迂闊だよ(涙)。 »

2005/12/21

SPIRAL LIFE - FURTHER ALONG

FurtherAlongSPIRAL LIFEはもっと早く取り上げたかったのだけれど、思い入れが強いせいか書く事ができなかった。
今回も迷ったのだけれど書いてみることにする。

SPIRAL LIFE について書かれる場合、大抵 Flipper's Guitar が出てくるわけで。
ここでそのような事に触れるのはどうかとも思ったけど、ボクの受け止め方を書いておこうと思う。

確かに Flipper's Guitar の後追いの感もある。
しかし、それだけで片付けるのは間違いだと思う。
Flipper's Guitar はある意味新しいジャンルを確立したと言って良いと思っている。
それまでは自分が影響を受けた音楽をコラージュ(パクる)のはダメな行為で、極力それを表に出さないことが当然の行為だったハズ。
Flipper's Guitar は逆にそれを全面に出した。
アッケラカンとそれをやり、そしてそれがオリジナルとはまた違った素晴らしいものだったのです。

SPIRAL LIFE の2人も Flipper's Guitar に触発された部分はあると思う。
でも当然ながら SPIRAL LIFE の2人が好んだ音楽は Flipper's Guitar のそれとは違う。
だからジャンル(≒手法)は同じでも違ったものが出来上がるのです。

実際に出来上がったものにはむしろ対照的だと思う。
Flipper's Guitar は基本的に能天気な明るい雰囲気。
一方の SPIRAL LIFE は華奢で繊細。
Flipper's Guitar の音はスピード感ある元気なものが多い。
SPIRAL LIFE はとにかくメロディ・ハーモニーが美しく、しっとりとしていてかつ音の広がり感が強い。
詩の世界も Flipper's Guitar はポジティブ、SPIRAL LIFE は内向的。
Flipper's Guitar =文系、SPIRAL LIFE =理系。

さて、今回取り上げるのは SPIRAL LIFE の1stアルバムとなる『FURTHER ALONG』。
SPIRAL LIFE の良さがシンプルに出ているアルバムだと思う。
楽曲はバラエティに富んでいる。
全体を通してメロディの美しさとアレンジの広がり・奥行き感に魅了される。
先にも触れた詩の世界も魅力的。
感情を直接詩に載せる事無く、描写によってそれを聞く人に思い描かせようとしているように感じる。
このような手法の方が直接言われるより何倍も心に響くのでは無いのかな。

好きな曲は順に『MOON RIDE』、『ANOTHER DAY, ANOTHER NIGHT』、『LIFE IS SPIRAL』、『THE ANSWER』、『RASPBERRY BELLE』、『FURTHER ALONG』といった感じ。

01 : LIFE IS SPIRAL
02 : MOON RIDE
03 : ANOTHER DAY, ANOTHER NIGHT
04 : RASPBERRY BELLE
05 : GOING UNDERGROUND
06 : CHRONICLE
07 : THE ANSWER
08 : TURN! TURN! TURN!
09 : I DON'T BELIEVE
10 : FURTHER ALONG

« マヨネーズの作成 | トップページ | 迂闊だよ(涙)。 »

CD」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

asn?さん、おはようございます。
SPIRAL LIFE、全然知らないんですが(スミマセン)、
国産バンドなんですね?
ジャケットだけ見たら60年代のJazzみたいなんです。
ジャンルでいえばどんなところに入るんですか?
(尋ねる前にCD屋に走れ!という意見もありますが...)

savoyさん、毎度どうも。

> 国産バンドなんですね?
ええ、コテコテの日本人である車谷浩司と石田小吉2人組です。
既に解散していて、車谷浩司は AIR という名でソロ活動しています。
石田小吉は SCUDELIA ELECTRO や MOTOR WORKS というバンドを組んでいるほか、スピッツ等をプロデュースしたりしてます。

> ジャケット
なるほど〜、確かにそうかも。
ジャズはあまり持ってないですけど。
ボクはこのジャケット大好きです。

> ジャンル
うーん...J-POPです(笑)。
ネオアコでもないし、ギターポップでもないし...。
時代的には90年代前半〜中盤で、一応『渋谷系』と呼ばれた音楽だと思ってます。
といいつつ渋谷系って音楽の種類というよりも音楽に対するスタンスを指している感がありまして、同じ渋谷系でも色々な音楽があります。
しかも渋谷系ファンからは結構嫌われていた感も(爆)。
まぁ、そういうジャンル分けはどうでも良い、と言っておきましょう(笑)。

もし渋谷系をご存知無いようでしたらボクの説明を聞くよりも検索して頂いた方が良いでしょう。
現代のJ-POPに大きな影響を与えたムーブメントですので多くの記述を見る事ができると思います。

> CD屋に走れ!
もう売ってないかも(笑)。
我が家の Mac では動かないけど、ここ↓で試聴できるようです。
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20001220

asn?さん、説明ありがとうございます。
聞いてみました。
最初に聞いた4曲目。リトルフィートっぽい。
ツタヤさんのサイトの音の具合かもしれませんが、60年代後半の音がします。
なんとなくオフコースを連想させられたりする曲も。
渋谷系も聴く人によっては60年代になってしまうんですね。(笑)

私は録音の感じに左右されたりします。
HYというバンドのTrunkというアルバム。
これなんかはそれで店で即買いしたCDです。
DEPAPEPEなんかもそうかなぁ。
録音と曲が合っていると買ってしまいますね。
明るければイイというわけではなくて、EgoWrappinとか暗くて思わず買ってしまいます。

こんばんは、savoyさん。

> 60年代後半の音
録音の音質が、という意味かもしれませんが、そもそもこのアルバムはビートルズ(+モンキーズ)のイメージなので正しい認識です。

> 録音の感じに左右されたりします。
ボクは節操が無いのですが、傾向として『熱い』やつは苦手です。
サラサラしているのが好み。
でもってメロディは奇麗なのが好きです。

ボク的には EgoWrappin はちょっと『熱い』な、と感じます。
でもアコースティックな音は魅力を感じますのでツボにハマる曲もあるとは思ってます。

HYは名前は記憶にあるのですけど聴いた事は無かったです。
オフィシャルページで試聴してみましたが、Trunk というアルバムはサラサラ度が高めで好感を持ちました。

DEPAPEPE は知りませんでした。
最初、ディープパープルと読んでしまいました(汗)。
これもオフィシャルページから聴いてみました。
ギターインストなんですね。
これ、かなり良いです。

知識が増えました。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/7740312

この記事へのトラックバック一覧です: SPIRAL LIFE - FURTHER ALONG:

« マヨネーズの作成 | トップページ | 迂闊だよ(涙)。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ