« 今日の気になる車 : ルノー・フィーゴ | トップページ | 1を聞いて10を知る »

2005/10/02

サンク、2年間の歩み

ボクのサンク、間もなく購入から2年となります。
当初は初のラテン車ということで果たしてどうなるかとドキドキしていたものですが、意外と快調に過ごす事ができました。
ここで購入からのトラブルを振り返りたいと思います。

1.ガス欠
サンクを購入した日。
車はお店に受け取りに行きました。
お店を出て500m位走った先の交差点で右折待ちの時に『プスプスッ』とエンジンが停止。
クラッチミートした瞬間だったので、単に失敗しただけだと思い再始動を試みるも始動出来ず。
スターターを回して右折して車を脇に止めて再始動を試みるもやはりダメ。
お店の人に連絡し、ガス欠かもと告げガソリンを持ってきてもらうと始動出来ました。
そんな具合に幸先の良いスタートを切ったのでした(笑)。

2.バッテリー上がり
購入から半年位した初夏の土曜日の夜。
家路に着いていたボクは間もなく帰宅、というところまで来ていました。
ちょっと暑い日だったのでクーラーを掛けていました。
信号待ちをしていましたが、青になったので動き出そうとした瞬間、スコンとエンスト。
インパネはうっすらと、かろうじて点灯しています。
試しにスターターを回してもやはり回らない。
仕方なく車を路肩に止め家族に連絡、ジャンパしたら始動出来たので家に帰りました。
その後トラブルは無かったものの、バッテリーを購入。
電圧も取りあえず出ているので問題ないでしょう。
あの時は周りから激しくクラクション攻撃を喰らいました。
唯一助けてくれたオジサンには『コジャレた外車なんか乗ってるもんで(こんなことになるんだぞ)』と言われた。
別に外車だから陥るトラブルじゃないと思うんだけど。
そのバッテリーは国産だったし。
でも唯一助けてくれた人だし、そんな事は言わずに『そうですよね〜、スミマセン。』なんて弱気な返事をしたボクでした。

3.ウォーターポンプベルト
購入から半年位した夏の土曜日。
友人宅へと向かっていました。
友人宅へは約20km、途中で1級河川を渡ります。
橋に差し掛かると突然インパネの警告灯が...。
『イカン!!』と思ったのですけど橋に乗ったばかり。
ここで停車する訳には行きません。
祈りながら橋を降り、急いで脇道に入り車を止めボンネットを開けてみます。
見事にウォーターポンプを駆動するベルトが切れています。
LLCはボコボコと音を立てて沸騰していました。

4.スピードメーター
購入から1年位した頃。
時々スピードメーターの辺りから『キリキリ』と音がします。
メーターの針も震えます。
前の車で経験のあるスピードメーターのトラブルです。
しかし忙しかったりして暫く放置していました。
今思えばスピードメーターケーブルを外しておけば良かったのですが。
ある日80km/h位の速いペースで流れているバイパスを走っていると、いつもより激しく音がします。
『ヤバイ!!』と思った瞬間、『ベキ』とかいう感じの音を立て、スピードメーターの針はグルグルと回りだしました。
これは大きめの出費が見込まれるな、と思いつつもその針の動きを笑ってしまいました。

5.キャブ調整
長時間走らせるとアイドリングしなくなる問題を抱えていました。
どうやらガソリンが濃すぎたのが原因のようです。
キャブ調整をしてもらいました。
この車は構造的にイマイチな部分があり、それが原因で調子を崩すこともあるとの話でした。
その対策もしてもらいました。

6.乗り心地
何か乗り心地が悪い気がするんです。
細かいギャップでガタガタ言うし。
高速を走らせるとフロアに変な振動が出るし。
またステアリングもセンター付近の遊びが大きいのです。
高速でビシっと決まる事もあるんだけど微調整をしようとすると今ひとつ上手くコントロールしにくい気が。
これは現在調査中です。

7.クーラーガス
最初は効いていたクーラー、気がつくと冷気が全然出ない。
ガス漏れでしょう。
どうやらコンプレッサーの軸付近から少量ずつ漏れているようです。
7月初めに補充し、まだ何とか冷気が出ます。
コンプレッサーはお金が掛かりそうなので暫くは毎年補充で凌ぐつもりです。

購入した時に徹底的に整備をした訳では無いし、暫く眠っていた車だと思うので最初は多少のトラブルはあるものでしょうね。
想定していたよりも少ないトラブルでした。
これなら十分に毎日の足として今後も活躍してくれるでしょう。

« 今日の気になる車 : ルノー・フィーゴ | トップページ | 1を聞いて10を知る »

サンク快適化計画」カテゴリの記事

コメント

asn?さん、
> 想定していたよりも少ないトラブルでした。

最初清水から飛び降りる気持ちでXanを購入しましたが、
予想に反して全く故障せず。
こうなると、次はまた清水を飛び降りるのかどうか思案せねばなりません。

エグザンティア、調子いいのですね。
見た目も美しいし、ある意味理想的な選択なのかも知れませんね。

> 清水から飛び降りる気持ち
ですよねぇ、シトロエンしかもハイドロ系って聞けば。

ボクはサンクを買う時にBXも選択肢にあったのだけれど、飛び降りれなかったクチです。
いや、エグザンティアと違ってBX行ってたら今頃泣いていた可能性大ですけど(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/6218248

この記事へのトラックバック一覧です: サンク、2年間の歩み:

« 今日の気になる車 : ルノー・フィーゴ | トップページ | 1を聞いて10を知る »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ