« ローランギャロス、報道に不満アリ。 | トップページ | 続報:愛知万博とシトロエン »

2005/07/10

トリあえず、トリと戯れる。

pen
掛川花鳥園に行ってきたよ。
それってナニ?って説明するのは面倒だからこのページとか読んでみて。
ボクがここで説明するより伝わると思うし。
どうでもいいけど、この乙幡啓子さん見ると何故か戸川純を思い出すし(ボクだけかな?)。

別にトリ好きだから行った訳じゃないんだ。
トリ好きじゃないけどペンギンが好きなんだ。
ペンギンもトリだけどさ、ちょっと違うよね。
本当は長崎ペンギン水族館とか行きたいんだけど遠いからね。

初めて触っちゃったよ、ペンギン。
目の前の柵も何も無い池で泳いでるんだよ。
普通に体を触れるし、向こうから突いてくることもあるよ。
トリって糞を頻繁にするよね。
あれって空を飛ぶから極力体を軽くするためだよね。
ペンギンが糞するとこ見た事ある?
泳ぎながらするんだよ、飛行機雲みたいだったよ。
これは発見だったな。
決められた時間に行けば餌をあげることも出来るんだ。
中途半端な時間に行ったのは失敗だったかな。

そんな感じで結構楽しめるんだけどさ、注意する点もあるんだ。

まず、インコ。
奴らは図々しくボクの腕とかに寄ってくるんだ。
まぁボクが餌を持ってたからなんだけど。
でもさ、餌が無くなってもギャーギャーと騒いで離れないんだよ。
でね、服とか啄むの。
それで木に移そうとして触ろうとするとクチバシで突いてくるんだ。
そんなわけでインコは要注意。

emu
次はエミュー。
奴ら爺さんみたいな顔してるけどさ、結構激しいんだよね。
なんか鼻息ハーハーさせてるし。
映画で見た恐竜の唸り声みたいな鳴き声だし。
餌をあげようとして紙コップ片手に近寄るじゃない。
みんな紙コップに頭を入れて食べるんだけどさ。
1人頭の良いやつがいるんだ。
紙コップの中に頭を入れるフリして紙コップをくわえて持ってくの。
油断しちゃったよ。

そんなこんなだったけど、結構楽しめたよ。
久しぶりの記事はフレンドリーモードで書いてみたよ。
なれなれし過ぎだよね、ごめん。

« ローランギャロス、報道に不満アリ。 | トップページ | 続報:愛知万博とシトロエン »

可愛く無くても旅をする」カテゴリの記事

コメント

はじめまして☆わたしは友達が働いてるんでこの花鳥園、一回だけ行ったことあります。記事おもしろかったです(^^)私はとくに鳥好きってわけでもないんであれですが、世話してる人達はどれがどの子(鳥)だかすぐわかるそうですよ。

いらっしゃいませ、まるこさん。
コメントありがとうございます。
楽しんで頂けたようでボクも嬉しいです。

>世話してる人達はどれがどの子(鳥)だかすぐわかるそうですよ。
なんと、お友達が関係者さんなのですね。
そうそう、疑問だったんです。
働いてる人達は見分けてるのかなーって。
やっぱり判るんですね、すごいなぁ。

今回ボクはエミューにビビって(笑)柵の中に入れなかったけど、エミューを従えて(追われて?)歩いてみたい、と思ってます。
想像しただけでもステキ。
(彼らはボクの持ってるエサが目当てなんだけどね)

そんなわけで、ここにリベンジ!!を誓います。

エミューを連れて歩く…素敵ですね☆私もエミューには勝てなかったので(私の母は彼らの顔を見て『ぎゃぁ』と言っていました)ぜひリベンジ頑張ってください!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/4911654

この記事へのトラックバック一覧です: トリあえず、トリと戯れる。:

« ローランギャロス、報道に不満アリ。 | トップページ | 続報:愛知万博とシトロエン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ