« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/17

FFCに行ってきた。

cinq_front2FFCに行ってきたのです。
FFCってのはKFCの新型店舗でして、チキンフィレサンドの名古屋コーチン版がとっても美味しい...のではなくて、フレンチーフレンチーセントラル(French-French-Central)っていうフランス車のイベントなのです。

ホントは行くつもり無かったんですよ。
だって知り合いいないし。
疲れそうだし。
でもこのブログの主の口車にのって行ってきちゃいました。

行ってみて感じたのは、結構ルノーが多いなってこと。
カングーやらメガーヌファミリーのグループがいたせいもあるけど、数字ルノーも4、5、19、21、25といたし。
初代と最新のエスパスもいたし。
エクスもトゥインゴもいたし。
そしてボクの心を鷲掴みにしたモデュス。
あ〜モデュス気に入った、欲しい。

縦サンクはボクの1台だったっぽい。
シュペールは何台かいたけど。
愛知東部にお住まいのAさん夫妻(?)は昔所有していたらしく、懐かしい、いいなぁって行ってくれました。
有り難い事です。
今はホンダのエレメントに乗ってるらしいですが、きっと近いうちにルノーに戻ってくるに違いありません。

さてボクのサンク、今回の長旅(?)で結構調子イイってことが分かった。
快適快適。
腰痛くならないね、これ。
独りで行くから道中長く感じるかと思ったけど、全然平気。
肩の力が抜けてマッタリでございます。

でもステアリングの中立付近が甘いのと、何故か細かい振動が出てきちゃったのが不安。
アブソーバーの問題かな?どっか緩んだのかな?
高速降りてからも右フロントからギコギコ音がするし。
やばいのかな?ひょっとして。

ってな感じに楽しんできたのだけれど、写真を撮ってくるの忘れちゃった。
そんなわけで写真は帰宅して一息ついているお疲れサンクなのでした。

2005/07/13

SINGER SONGER - ばらいろポップ

barairo『初花凜々』をラジオで聞いてCoccoに似た声だと思ったら本人だった。
Coccoは結構好きだったし、そしてその変わりぶりに驚いてアルバムが出たら是非買う必要があると思っていた。

では聞いた感想。
バラエティに富んだ楽曲となっているが、今ひとつバンドとしての色を感じられず。
結果まとまりに欠ける、というのが第1印象。
でも聞き込んでいくと好みの音作りだったせいか意外と気に入ってきた。
相変わらずCoccoはその声の表情が豊かで良い。

今現在のお気に入りは『雨降り星』と『初花凜々』。
『SING A SONG』はYUKIっぽいなとか、『オアシス』はブリグリ&矢井田瞳っぽいなとか、多少引っ掛かるモノはあるものの、この先を期待させる出来だと言える。

01 : SING A SONG 〜NO MUSIC,NO LIFE〜 Album Edit
02 : ロマンチックモード
03 : 雨のララバイ
04 : 雨降り星
05 : Home
06 : Millions of Kiss
07 : Come on you
08 : オアシス
09 : Baby,tonight
10 : 初花凜々

リンク:
:: SINGER SONGER ::
Cocco official site

2005/07/12

メガネ買っちゃった。

RobertMarc1今まで使ってたメガネは扱いが悪かったのかかなり痛んでたんだよね。
だから色々と物色してたの。
でもね、どうやらボクは顔が大きいみたいで(涙)最近の小さいフレームを掛けると顔の大きさが強調されちゃって...。
手に取る段階までは良いんだけどねー。
掛けるとアチャ、って感じ。

そんな訳でなかなか良いフレームに出会えずに月日を重ねていたのです。
でもとうとうあるお店でボクでも何とかなるフレームに出会ったのです!!

そのお店はマディニテさん。
買ったフレームはロバートマークのmod.136/col.68。
マディニテさんのページでも見れるけど、こちらのお店のページの方が詳しいかな。

フランス贔屓にしたいボクとしてはアメリカのブランドってトコが引っ掛かったんだけどね。
話を聞くと製造はフランスなんだって。
なんでもフランスじゃないとデザイナーが望んだ色が出ないんだってさ。
そうですか、ならばタメラう理由はナシ、ってことで購入したわけ。

こちらのブログでは999.9がお薦めなんてコメントしたけど違うの買っちゃった(へへっ)。
そのままだとダメだったので鼻あて部分はちょっと加工してもらう必要があったケドね。

とりあえず大満足。
大切に扱いましょうね>自分。

2005/07/11

続報:愛知万博とシトロエン

ds_p前に愛知万博とシトロエンって記事を書いたけど、その続報です。
といっても謎は解決しておりませぬ(汗)。

行ってきたんです、愛・地球博に。
もちろんフランス館に行きましたよ。

当然DSの話を聞こうと思ったんですけどね。
人見知りするシャイなナイス中年としては暇そうにしている人が見当たらず...。
楽しみにしてたフランス館のレストランも予約でいっぱいで入れなかったし(涙)。
フランス語も『じゅ せ じゃぽね』とか『じゅて〜む』とか『とれびあん』とか意味ない事しか言えないし(呆)。

フランス館ってドイツ館と同じ建物で、物販コーナーも並んでるんです。
フランス館の売り物の中にDSのミニカーがありました。
大きいやつと小さいやつ。
2CVとか他の車は無し。
唐突にDSだけ売られてました。
ドイツ館も対抗してBMWとかあるかと思ったけど無かったです。
ま、普通に考えると無いのが正常でしょう。

そんな訳で憶測の域を出ないのだけれど、やはりフランス館にはDSマニアがいるに違いないのです。
という事ですので誰でもいいので真相を聞き出してきて下さいませ。
ボクには荷が重すぎました。

2005/07/10

トリあえず、トリと戯れる。

pen
掛川花鳥園に行ってきたよ。
それってナニ?って説明するのは面倒だからこのページとか読んでみて。
ボクがここで説明するより伝わると思うし。
どうでもいいけど、この乙幡啓子さん見ると何故か戸川純を思い出すし(ボクだけかな?)。

別にトリ好きだから行った訳じゃないんだ。
トリ好きじゃないけどペンギンが好きなんだ。
ペンギンもトリだけどさ、ちょっと違うよね。
本当は長崎ペンギン水族館とか行きたいんだけど遠いからね。

初めて触っちゃったよ、ペンギン。
目の前の柵も何も無い池で泳いでるんだよ。
普通に体を触れるし、向こうから突いてくることもあるよ。
トリって糞を頻繁にするよね。
あれって空を飛ぶから極力体を軽くするためだよね。
ペンギンが糞するとこ見た事ある?
泳ぎながらするんだよ、飛行機雲みたいだったよ。
これは発見だったな。
決められた時間に行けば餌をあげることも出来るんだ。
中途半端な時間に行ったのは失敗だったかな。

そんな感じで結構楽しめるんだけどさ、注意する点もあるんだ。

まず、インコ。
奴らは図々しくボクの腕とかに寄ってくるんだ。
まぁボクが餌を持ってたからなんだけど。
でもさ、餌が無くなってもギャーギャーと騒いで離れないんだよ。
でね、服とか啄むの。
それで木に移そうとして触ろうとするとクチバシで突いてくるんだ。
そんなわけでインコは要注意。

emu
次はエミュー。
奴ら爺さんみたいな顔してるけどさ、結構激しいんだよね。
なんか鼻息ハーハーさせてるし。
映画で見た恐竜の唸り声みたいな鳴き声だし。
餌をあげようとして紙コップ片手に近寄るじゃない。
みんな紙コップに頭を入れて食べるんだけどさ。
1人頭の良いやつがいるんだ。
紙コップの中に頭を入れるフリして紙コップをくわえて持ってくの。
油断しちゃったよ。

そんなこんなだったけど、結構楽しめたよ。
久しぶりの記事はフレンドリーモードで書いてみたよ。
なれなれし過ぎだよね、ごめん。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ