« Volkswagen TYPE-3 Variant | トップページ | ヴァンテ・アンにバーンと出会う(苦笑) »

2005/04/17

ケツセンサー開店、布教活動始まる。

cinq_seat_flwebで知り合ったieさんはかなり濃いイタフラ車好き(一応イタ<フラと見受けられる)。
所有車歴は氏のページでみることができるが、かなり見応えがある上にマイナー路線。

氏はシートにかなりのこだわりがある様子で最近ケツセンサーなるページも始めたようだ。
これは氏および氏の一味の方々が過去に経験した車のシートに関してのみに注目したレポートとなっている。
面白い試みだと思う。

思い起こせばボクも最初に買った車はどうにも座った感じがシックリこなくていつもモゾモゾしていたように思う。
そして今の車を選んだ理由の1つも、シートが良いと聞いていたからである。
そんな訳で、それほど経験は無いもののシートが大切だと言うことは分かっているつもり。

今の車のシートは購入時に張り直しているのでオリジナルでどうなのかは分からないが、柔らかめの吸い付くシートに仕上がっていて、モゾモゾする事は無い。
生地はオリジナルのグレーにジグザグの模様が入ったものが良かったのだが、さすがに入手は不可能だろうという事でシート屋のカタログから選択。
セルシオに使われている生地だと言っていた。
アンコも入れ直すという事で希望を聞かれたが、変に固くなってしまうのを恐れていたため『柔らかめが好き』と伝えておいた。

出来上がりを見ると。
シート地は厚手で張りがある。
妙にシートだけ高級感。
柔らかめと言ったためにアンコは少なめにしてあるようだが座面に関してはまぁいいと思う。
シートバックはもう少しだけアンコがあったほうが好みだが、今のところはこれでも不満は無い。

ただ、リアシートに関してはおかしくなってしまった。
妙に沈む感じのある座面と固いシートバック。
リアは生地の張り替えだけで良かった気もする。
そんなわけで少々不満なリアだけども、リアの使用率はかなり低いためひとまず放置。

家で母が使用している車は本当に酷いシートだと思うのだけれど、本人に聞くと何の不満も無いようだ。
それはそれで良いのかもしれないが、家族で遠出する際にそれを運転するボクには辛い。

シートというものは好み云々もあるが、まずは色々と経験しないと分からない部分が多いように思う。
そしてメーカーサイドもシートの善し悪しは一般ユーザーの購入動機に繋がりにくいと考えているように思う。
そういった意味で氏とその一味の方々によるシートのレポート、こういったページを通してシートに対して人々が考えるようになりメーカーも意欲をみせる、そんな世の中になることを希望している。

« Volkswagen TYPE-3 Variant | トップページ | ヴァンテ・アンにバーンと出会う(苦笑) »

車のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

tbありがとうございます。
お礼遅れてすみません。
イタ<<<フラなieです(笑

>本人に聞くと何の不満も無い
結局、そこに帰結するのだと思うのです。
僕のブログでちょっとした「価値観」のやりとりがあった時、
某t社のユーザの方々には、シートには何の不満もないようにお見受けしました。
それはでも、失礼な言い方を憚らなければ「興味がない」「これでもいい」「良いか悪いかわからない」などの理由もおありですし、僕らラテン党が「いい!」と思っても、少しも良いと思わない方も多いのです。
とはいえまさに「興味」の対象外である「シート」は、人間が一番接する部品であるわけですから、もっと重要視されてしかるべきなのです。
フランス車は装備が無くても、シートと脚回りだけは手を抜かなかった。そのほうが、僕は好きなのです。
なにはともあれ、頑張りますので、ご支援御指南お願いいたします!

【業務連絡】ieさんトコで、ウチのZX存続について誤解を招くような表現は慎むように!(笑)。

冗談はさておき、いや〜布教活動が始まりましたなぁ(^^)。というか、かなり前から信者だったような気がしますが私。違いにハッキリ気付いたのはパンダのシートで、確信したのはカラベルのシートといったところかな?。私的にはお座敷文化と椅子文化の違いと定義してます。

ところで、窓越しにきれいなシートだなぁと思ってましたが、セルシオのシートだったとは!。

わー、複数のコメントが付いてる。
素直に嬉しいです。
これ以上はボクのキャパを超えそうですけど。

ieさん>
トラバして無理矢理誘導してスミマセン。

>少しも良いと思わない方も多いのです。
興味が無いとかそういう理由ならまだいいのですが。
ボクが恐れているものの中に『知らない』ってことがあります。
知らない事はある意味幸せなんですけど、やっぱり知らない事は恐いんです。
色々と経験して世界を広げたいですよね。

>フランス車は装備が無くても、シートと脚回りだけは手を抜かなかった。
ボクも派手な機能より基本性能が重要だと思ってます。
シートってのは基本性能ですよ。

moさん>
ヤイショの季節、如何おすごしでしょうか?
ボクが浜松を出た理由の1つに祭りが嫌いというのがあったのを思い出しました(笑)。

>ウチのZX存続について誤解を招くような表現は慎むように!
いや、最近moさん元気ない気がするなぁって思って(笑)。
失礼しました(へへっ)。

>私的にはお座敷文化と椅子文化の違いと定義してます。
やはりそこに行き着きますかねぇ。

ただボクは最近思う事があるんです。
聞いた話ですけど、欧米では日本車を買おうと思うと高いでしょ?
で、日本車が憧れの的だ、って。
単に高いからとか、壊れないからとかで憧れているのかもしれないけど、実際売れてるんですよね?

欧米に輸出している日本車にはいいシートが使われてるのかな?
でもわざわざ違うシート載せたりしないだろうし...。
日本車全てのシートが悪い訳じゃないだろうけど、良くないのも多いですよね?
だから、ひょっとして欧米の人もシートに関して意外と無頓着な人が多いんじゃないかな?って思ってます。

つまり、欧米でもユーザーレベルでは日本人と対して差が無くて、差があるのはメーカーサイドの技術者の経験や心意気なんじゃないかな?って考えてます。
(当然技術者の経験は椅子文化の中でのものです)

まぁ、あくまでもボクの脳内の思考ゲームみたいなものですけど。

>窓越しにきれいなシートだなぁと思ってましたが、
観察眼が鋭いですねー。
セルシオっていってもあのトヨタのことですから、うまいことコストダウンされたシート生地なのかもしれません(爆)。

たびたび(^^)。
>ヤイショの季節、如何…
私も実は嫌い、ホントはこの季節逃げたい(^^;)。
>元気ない気がするなぁって…
バレました?(^^;)。

>私も実は嫌い、ホントはこの季節逃げたい
…お察し致します。
仙台に逃げるという選択肢もあったのでは?

昔、家に近づいてくる練り集団にギターで戦いを挑んだ事があります。
若いって素晴らしいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/3738580

この記事へのトラックバック一覧です: ケツセンサー開店、布教活動始まる。:

« Volkswagen TYPE-3 Variant | トップページ | ヴァンテ・アンにバーンと出会う(苦笑) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ