« EDDI READER | トップページ | vanessa paradis(とシトロエン) »

2005/04/02

バネシトロエンはハイドロ仕掛けの夢を見るのか

一番好きな車メーカーはシトロエン。
シトロエンは特徴のあるメーカーだ。
技術的な面では独創的なシステムを開発し実用化している。
その中でもハイドロ(またはハイドラ)は1番の特徴だろう。
普通のサスペンションのシトロエンを特別に『バネシトロエン』と呼ぶぐらいだから。

『ハイドロじゃなけりゃシトロエンじゃない』という人がいる。
過去のボクもその一人だった。
でも最近は上級車種にのみハイドラが採用されていて、ほとんどの車種はバネシトロエン。
もはやこっちが主流といっていい。

人の話を聞くと『バネだけど十分にイイ』。
実際のところボクはまだばねシトロエンを経験していない。
しかしバネ車であるルノーサンクが気持ちよく走る事は知っている。
ギミックとしてのハイドロは未だに魅力的だが、元々求めていたのは乗り心地でハイドロはあくまでも只の具体化した方法にすぎない。
別にハイドロである必要は無い。
シトロエンとしてはバネでも十分満足できる性能が得られるという事だろう。
もちろんコスト等を考えた上でだが。
そして上級車にはより特徴的なハイドラを奢るという事だろう。

そうは言っても。
過去の独創性は技術者的な側面から『より良い車』を目指していたように感じる。
それが今では『商品としての車』という面に重きが置かれているように感じる。
会社として経営して行かなければならないのは分かる。
ハイドロは消えてゆくのか、消えてゆかないのか?
例えば10年後、シトロエンがどのようなラインナップを持つのか。
それを考えるのは楽しくもあり、怖くもある。

« EDDI READER | トップページ | vanessa paradis(とシトロエン) »

車のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/3538021

この記事へのトラックバック一覧です: バネシトロエンはハイドロ仕掛けの夢を見るのか:

« EDDI READER | トップページ | vanessa paradis(とシトロエン) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ