« United Future Organization - NO SOUND IS TOO TABOO | トップページ | 愛知万博とシトロエン »

2005/04/09

グレッチ - GRETCH 6120

GRETCH6120ブライアンセッツァーが愛用していることで有名なグレッチ。
それ以外のミュージシャンにも結構使われている。
とても美しいデザインと色だと思う。
そんな見た目で惹かれた辺りは非常にミーハー。

中学生の頃から欲しいと思いつつ地元で売ってるのを見た事無いし、そもそも値段が高いしで夢見るだけだったが、20歳の頃実物を手に取る機会があり我慢できずに購入したのが写真のギター。
モデル名は6120。
本当はピックガードに『NASHVILLE』と書かれているモデル6120Wとか、1960年代のオールドデザインのものが良かったが金銭的理由で断念。
学生だったのでそれでも高価に変わりはなく、蓄えがあるわけでも無かったのでフルローン。当時特別に音楽活動していたわけでも無かったのだが勢いで購入。
アパートで昼夜問わず弾いていた。
ゴメンね、当時隣人だった人。

楽器屋の店員はしつこくオベーションを薦めてきたがセミアコってとこは同じだけどジャンルとしては全然違う気がする。謎。
しかもオベーションの方が音が良かった(独りで弾き語るには)。
でも初志貫徹。結果的にこれは間違っていなかったと思う。

音に関してはそれほど多くのセミアコを弾いているわけでは無いので正直評価できないのだが、グレッチはギブソンとはまた違った種類の音だと思う。

一時期あまり弾かない時期があり、売却しようと考えた事もあったが思いとどまって良かった。

« United Future Organization - NO SOUND IS TOO TABOO | トップページ | 愛知万博とシトロエン »

ギター、楽器、DTM」カテゴリの記事

コメント

またまた、おじゃまします。
グレッチはドラムも作っています。
ボクはスネアドラムだけ持ってます。
ドラムセットもあるのですがハードウエアーがちゃっちいのでお進め出来ません。音的には木の胴なので乾いた抜けのいい分厚いサウンドでやっぱりジャズ向きだと思います。ボクはいわゆる同期もののバンドをやっていたためスチールやブラスのようなはっきりとしたサウンドを求められたため「TAMA」と言うメーカーのブラススネアばっかり使ってました。「TAMA」の木の胴も持ってましたがグレッチには負けますね。フェンダージャパンとUSAの違いくらいあります。特に木のスネアは。

おまけに
よくドラム体型でないって言われます。
でも、渋谷系のオシャレなバンドのドラマーって細いでしょ(笑)
ちなみにボクの憧れの人はスッケッチショウの「高橋幸宏」さんです。昔、キャトルに乗っておられました。

ドラマー=そうる透がボクのイメージです。

> ジャズ向き
ジャズでスネアが気持ちいいと締まっていいですよね。
そんな感じなんですね、きっと。
ジャズやれたらカッコイイんだけど、コードとか難しいんですよねぇ。
指の短いボクにはムリかも。

> 渋谷系のオシャレなバンドのドラマー
渋谷系のドラマー、それほど記憶に無いのです、スミマセン。
Flipper's も Spiral もギター2人だし。
あんまり映像を見てないし。
でも考えてみれば『太い渋谷系』って無いですよね(笑)。

> 同期もの
これは打ち込み系ってことでしょうかねぇ?
その辺りはボクの弱点です。
他にも弱点だらけだけど(苦笑)。

> 「高橋幸宏」さん
ボクの中では『Y.M.Oの』という印象です。
そういえば細野さんとまた始めたんですよね。
どこかの記事で読んだ記憶が。
残念ながらボクはその辺りに弱くて。
昔 Y.M.O のコントのレコード(?)を聞いて笑った程度です。

『TAMA』と『Perl』なら分かりますよ(ニッ)。
というかそれ以外はワカリマセヌ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/3625114

この記事へのトラックバック一覧です: グレッチ - GRETCH 6120:

« United Future Organization - NO SOUND IS TOO TABOO | トップページ | 愛知万博とシトロエン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ