« blanco y negro - music for siesta | トップページ | 中田ヒデ »

2005/03/30

ルノー5

r5最近元気な感のあるフランスの車メーカー、ルノー。
そのルノーの中に乗ってみたい車があった。
それがこの車。
5はフランス語読みでサンク(cinq)。
でも普通サンクって言うとこの車ではなくてシュペールサンクを指すことが多いようだ。

何故この車に乗ってみたかったかといえば、まずその容姿が好きだった。
小さいテールランプが好き。
リアタイヤがちょっとだけ隠れているリアホイールハウスが好き。
リアのドアの形が好き。
その小ささとボディの四隅のタイヤのバランスが好き。
グルリと車を1周している樹脂のガードも好き。
ホイールベースが左右で違ったり、FFなのにエンジンが縦置きでトランスミッションがエンジンより前にある変なレイアウトにも惹かれる。
でも国産車と間違えられるイマイチ押しの無いデザイン。
前の車はコテコテな外車で目立ってたから逆にこれ位でいいかとも思う。

それからシートがとても良いという話を聞いていた。
肝心のシートは激しくヘタっていて良さがよく判らなかった。
そこでシート生地とクッションをやり直してもらったけどオリジナルがどうなのか判らないので何とも言えない。
少なくとも柔らかめで適度な沈み込みがありシート全体で包んでくれるような感触がある。
シートバックのアンコの量はもう少し多くても良かったかも。
残念なのは座面長がちょっと短い。後少し長ければ良かったのに。
大衆車ゆえ(?)細かい段差はガタガタと拾うがシートを通して伝わってくる事は無い。
そして大きなうねりなどは車ごとフワッと乗り越える。

買ったこの車は初年度登録が1985年だから最終型ということになる。
既に最終型から20年。
このクラスの車でミニやキャトルやビートルや2CVみたいに多くのファンを抱えているわけでも無い車は大切に保管されてそうにも無いので今乗っておく必要があると思った。
本当は白が欲しかったのとサンクにしてはちょっと高かったのが引っかかったけど、ボディに目立った錆が無かったので決断した。
所有して1年半。
夏場に弱いのが泣き所だけどまぁ何とかなるだろう。

« blanco y negro - music for siesta | トップページ | 中田ヒデ »

サンク快適化計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94608/3500640

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー5:

« blanco y negro - music for siesta | トップページ | 中田ヒデ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ